さあ、ネイルケアを始めよう。

ネイルファイル〈ラージ〉
二枚爪

グラスネイルファイル(ラージ)

削り面のキメが細かく、爪への圧力を最小限に。多層構造の爪先をしっかりと「閉じて、まとめる」技術のいらないガラス製爪やすり

使い方

本品の特性を活かすために、2つのプロセスでご使用ください。

<爪を短くするプロセス>

1. 本品は、包丁をもつときのように、手にしっかりと持ちます。爪の端から1/4内側に入ったところに本品をしっかりと当てます。

2. 当てたら、今度は力を抜いて、反対の端に向かってすべらせるように動かします。このとき、やすりの削り面全体を使って動かし、さらに反対の端に近くにしたがって力を抜いていくとよいでしょう。反対側に爪を動かしたら、いったん爪をやすり面から離します。この一旦離すことは非常に大切です。ギザギザと往復させないようにしてください。

3. 反対側の端からも同じように、1/4内側に入ったところに本品を当て、力を抜き、滑らせるように、反対側へと爪を動かし、爪を一旦離しましょう。これを、爪が適度な長さになるまで繰り返します。

<面取りのプロセス>

4. 爪の長さが整ったら、面取りをします。この面取りは、爪先端のひっかかりや、二枚爪、縦割れを防ぐばかりでなく、爪が指の丸みに沿って自然に巻き、やがて爪の強度を上げる、深爪や扁平爪のリカバリーために重要なプロセスです。

まず、本品を爪に、0°の角度で当てます。爪の下側に本品を差し込むようなイメージです。やすりを天井に向けるとやりやすいでしょう。爪の端には、1~3のプロセスでできた「角」がありますが、この「角」を、やすりの上に乗せたことを確認してください。

5. やすりに「角」が乗ったら、0°の角度のまま、やすりに「角」が乗せたまま、爪の先端にまっすぐ動かし、最後にやすりをもった手をくるっと返し削り面を90°の角度に起こします。こうすることで、爪の「角」を整えながら、爪を立体的に整えることができます。

6. ご使用後は、水で洗ってください。食洗機使用可。

使用上の注意
配合成分