パールフロスト

178 青竹色(アオタケイロ)

捨てる。ということが、ますます難しくなるこの世界で、残さず無駄なく使える製品を生み出すことは、私たちにとって重要な責任になってきています。

色とりどりのネイルカラーは、ファッション、季節、気分、場所によって使い分けたいし、その着替えられる楽しさがネイルカラーの醍醐味なのですが、大きなボトルだと、使いきれずに放っておかれる、というのはよくあることです。

そこで、ネイルカラーのサイズを使い切れるように小さくしました。1本で、手だと5〜8回分、足だと3〜5回分くらい。

サイズが小さいと、新しい色にも挑戦しやすい。
そしてお気に入りの色は、いつも新しくフレッシュなものをお使いいただけます。

色の調合へのこだわり
このTAKE AWAY NAIL COLOURSシリーズの色には、日本の色名が付いています。

日本の色は、自然からインスピレーションを受けた重ね色です。

これは、HERÔME【エローム】が、色を創り出すときのコンセプトにとてもよく似ています。
赤、青、白、黄、ベージュ、ピンクと...様々な色を調合するとき、私たちは、たくさんの色素を混ぜ合わせて奥深い自然の色を作り出せるように心がけています。

こうすることで実際に塗布したとき、より馴染み、どんな肌色にも合いやすく、塗りこなしが効く色になるのです。

各色のストーリは、公式インスタグラムブログ(読み物:ネイルカラーのお話)に順次アップしています。お気に入りのカラーのストーリもチェックしてみて。

使い方

1. フタをしっかり閉めた状態で、ご使用前によく振ってください。

2. 付属の筆に液を含ませます。筆に含んだ余分な液を、瓶の口を使って、よく扱(しご)き、「筆造り」をします。この手順は、ネイルカラーのモチと仕上がりの美しさにとって、とても大切です。

3. 筆造りができたら、ベースコートを塗布した爪表面に均一に塗布します。塗布中に筆のすべりが悪くなったと感じたら、2の手順に戻って液を付け足し、再度筆造りをしてから塗布していきます。

4. 塗布したら、十分に乾かしてください。

使用上の注意

1. 爪・肌に異常があるときは、お使いにならないでください。
2. 爪周りに傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位には使用しないでください。
3. 換気の良い場所でご使用ください。
4. 火気のある場所では使用しないでください。
5. 保管及び取扱い上の注意
(1)使用後は必ずしっかりフタを閉めてください。
(2)乳幼児の手の届かないところに保管してください。
(3)極端に高温又は低温の場所、直射日光のあたる場所には保管しないでください。
6.うすめ液を使用する際は、十分にご注意ください。液を入れすぎると、中身が膨張してビンがわれるおそれがあります。エナメル容器の上部に十分な空間を残してください。(エナメル容器のキャップをしめた状態で8分目までが目安です。)

配合成分

酢酸ブチル、酢酸エチル、ニトロセルロース、(アジピン酸/ネオペンチルグリコール/無水トリメリト酸)コポリマー、クエン酸アセチルトリエチル、イソプロパノール、アクリレーツコポリマー、ステアラルコニウムベントナイト、ブタノール、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、オキシベンゾン-1、シリカ、ジ安息香酸トリメチルペンタンジイル、ポリビニルブチラール、アルミナ、ジメチコン、トリメチルシロキシケイ酸、マイカ、合成金雲母、酢酸トコフェロール、ホウケイ酸(Ca/Al)、酸化スズ、フルオレセントブライトナー367、水酸化Al、ジアセトンアルコール、(エチレン/VA)コポリマー、パンテノール、PET、トパーズ末 [+-着色]黄401、赤228、赤201、赤220、黄4、赤225、青205、紫201、青404、顔料緑7、Al、グンジョウ、オキシ塩化ビスマス、カーボンブラック、酸化クロム、酸化鉄(ベンガラ)、酸化鉄(マグネタイト)、コンジョウ、マンガンバイオレット、コロイド性銀、酸化チタン

※製品改良等の理由により成分の一部や表記名が変更になることがあります。製品外箱・能書の成分表示をご確認ください。